1. トップ
  2. ハッピー通信 記事一覧
  3. ソラレンに要注意!? シミをつくり出す食べ物

ココロとカラダのハッピー通信

ソラレンに要注意!? シミをつくり出す食べ物

ソラレンに要注意!? シミをつくり出す食べ物

健康的な肌を保つためにビタミンCを多く含む食品を食べているという人は珍しくありません。

しかし、積極的に野菜や果物を食べることで、かえってシミができやすい状態を作り出している恐れがあるのです。

その原因は、食べ物に含まれるソラレンという成分。
ここではソラレンの性質と、それを多く含む食べ物について紹介します。

ソラレンとは

紫外線を吸収しやすくし、シミやそばかすなどを発生させる恐れがあるのがソラレンです。
ソラレンは色素沈着を起こしやすくするだけでなく、肌にかゆみを生じさせたり、炎症を起こす原因になります。

ソラレンが紫外線の吸収率を高めているのは、摂取した後の7時間であるといわれています。
例えば、朝食をとってから約2時間で血流にのって全身にソラレンが行き渡り、お昼過ぎまでその効果が持続するのです。

そのため、日中に出かけることが多い人は、ソラレンを多く含む食品を朝や昼に食べないようにすることが大切です。
1日のうちで最も紫外線が強い時間帯に、紫外線を吸収しやすい状態で出歩くことは肌にとって負担になります。



ソラレンを含む食べ物

ソラレンに要注意!? シミをつくり出す食べ物

ソラレンはビタミンCを多く含む食べ物と共存していることが多くあります。

果物では、レモン・オレンジ・グレープフルーツ・キウイ・アセロラなど柑橘系の果物。
野菜では、キュウリ・セロリ・パセリ・しそ・三つ葉などに多く含まれています。

かつて、「キュウリパックすることで美肌になる」という話がよくありましたが、このようにキュウリにもソラレンが含まれているため、寝る前に行うなどの注意が必要です。

また、朝に野菜や柑橘系の果物を食べる習慣がある人は、シミを作りやすい状態になってしまっているので、
食べ方を見直すなどできるだけ早く改善していきましょう。

ビタミンCを活かすにはどうしたらいいの?

ソラレンがあるからといって、ビタミンCを多く含む食べ物を控えることは避けたいものです。
ソラレンの効果を抑えてビタミンCだけ活かすことはできないのでしょうか?

オススメなのは「シミ・そばかすの予防効果のある食べ物と同時に食べること」「夜に食べること」の2つです。
同時に食べると良い食べ物とは、例えばリンゴやバナナ、だいこんやゴボウ、トマトなどがあります。

トマトに含まれるリコピンがメラニン色素の生成を予防する効果が期待できますよ。
またソラレンを含む食べ物でも、夜に食べることで翌朝には紫外線を吸収しやすい状態から抜け出せるため、シミの心配は必要なくなります。

ビタミンCが肌の健康に良いのは確かですが、頻繁にレモンやセロリなどを多く摂取しているとかえって逆効果になってしまうかもしれません。
食べ方や、食べる時間を工夫して今の若々しい肌を維持しましょう。



送料無料