1. トップ
  2. ハッピー通信 記事一覧
  3. 他人ごとではない! 若年性更年期障害の症状とは

他人ごとではない! 若年性更年期障害の症状とは

他人ごとではない! 若年性更年期障害の症状とは

他人ごとではない! 若年性更年期障害の症状とは

更年期障害というと、50歳前後に起こる体調や精神面の変化のことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

本来更年期障害は閉経の前後10年ほどに起こりやすく、閉経によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが原因であるといわれています。
しかし、近年20代から30代でも更年期の症状が現れる方が増えています。

いわゆる「若年性更年期障害」の症状とは、一体どのようなものなのでしょうか?

なぜ若年性更年期障害が起こる?

「更年期障害」という名称がついてはいますが、若年性更年期障害と更年期障害は少し違います。
更年期障害は、卵巣から分泌される「エストロゲン」が減少し、ホルモンバランスが乱れることが原因です。
しかし若年性更年期障害は、無理なダイエットやストレスなどが原因で起こる「自律神経失調症」や「月経前症候群(PMS)」が関係しています。

これによって月経不順が起こることで、更年期障害と同じような体調不良やイライラ、気分の浮き沈みなどが症状として現れます。

具体的な症状は?

若年性更年期障害かも、と思っても、具体的にどのような症状が出たら気をつけたらいいのか、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。
体調の変化は次の症状が出ることが多いので、まずはチェックしてみましょう。

■月経不順・月経痛
月経周期が不安定になりやすくなったり、月経痛が重くなったりすることがあります。

■頭痛や胃痛・肩こりなど
肩こりや腰痛、頭痛や胃痛を感じやすくなります。
そのほかにも「便秘や下痢になりやすい」「トイレが近い」「食欲がなくなる」などの不調も症状の1つです。

■疲労感やめまいなどの不調
しっかり休んでも疲れがなかなか抜けない、のぼせやめまいを感じることがあるなどの「小さな不調」も若年性更年期の症状として挙げられます。
また、肌荒れがなかなか治らなくなることなどもあります。

■抜け毛、口や目の渇きなど
抜け毛や白髪、口や目の渇きなども症状の1つです。
さらに、「夜眠れない」「体重に大きな変化が現れる」なども挙げられます。

■イライラ・気分が沈みがち
「ちょっとしたことでもイライラしてしまう」「気持ちが沈みやすくなった」などの精神面の不調も若年性更年期の症状の1つです。
誰とも会いたくないと感じる日が増えたり、声を出して笑うことが少なくなることもあります。

■やる気や集中力の低下
注意力や集中力が低下したり、仕事や家事などに対してやる気が起きなくなることもあります。

当てはまる症状が多いほど、若年性更年期障害の可能性が高いので注意が必要です。

正しい対処法で改善

肩の痛みの原因「四十肩・五十肩」

精神面での症状だけであれば、上手にストレスを発散することで改善することもあります。
体調面での症状が多く出ているようなら、食生活の改善がもっとも有効です。

無理なダイエットなどは絶対に避け、ビタミンやミネラルの豊富な野菜・果物、さらに大豆などの良質なタンパク質をバランスよく食べるようにしましょう。
若年性更年期障害にならないためにも、普段からストレスフリーな生活を心がけてくださいね。





送料無料