1. トップ
  2. ハッピー通信 記事一覧
  3. 男性と女性で異なる!? 薄毛の原因と対処方法

男性と女性で異なる!? 薄毛の原因と対処方法

男性と女性で異なる!? 薄毛の原因と対処方法

薄毛といえば男性のお悩みというイメージがありますが、加齢とともに髪が薄くなることに悩む女性も少なくありません。
しかし、薄毛が起こる原因は男性と女性で異なります。

男性の薄毛と女性の薄毛、それぞれの原因や対処方法についてご紹介します。

男性の薄毛のメカニズム

男性の薄毛のメカニズム

男性には、年齢を重ねるにつれて髪が薄くなる方が多く見られます。
これは主に男性ホルモンの影響によるものです。男性ホルモンの一種であるテストステロンが、 5αリダクターゼという酵素によって、同じく男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されることで、「生え際が後退」「頭頂部が薄い」など特徴的な薄毛を招くのです。

ジヒドロテストステロンは、髪の成長を抑制する働きがあります。
このホルモンの働きで、成長するはずの髪が成長しきらないまま抜けてしまうことで起こる脱毛を「男性型脱毛症」といい、日本人男性の10人に1人はこのタイプの薄毛になると言われています。

その他、ストレスや生活習慣なども脱毛の原因になることがわかっています。

女性の薄毛のメカニズム

男性は生え際や頭頂部から薄毛が始まりますが、女性の薄毛は髪の一本一本が細くなるために全体的に薄くなったり、生え際が目立つようになるのが特徴。
男性のように「髪がなくなる」ということはありません。

女性の薄毛の原因には負担の大きいヘアケア、加齢による女性ホルモンの減少、ストレスや生活習慣などが挙げられます。
パーマやカラーリング、洗浄力の強いシャンプーを使用するなど、髪や頭皮に負担の大きいヘアケアを続けていると薄毛の原因になります。
また、同じ髪型で髪を強く引っ張り続けることなどによって、分け目や頭頂部などの髪が薄くなっていくこともあります。

ストレスや栄養バランスの偏った食生活、紫外線なども髪の毛を弱めてしまう原因です。
また、加齢による女性ホルモンの減少も髪に影響を与えます。女性ホルモンの一種、エストロゲンには髪の毛を育てる働きがありますが、このホルモンは40代に入ると急速に分泌量が減少します。
エストロゲンが減ると髪が細くなったり、毛穴から出る髪の本数が減ったりすることから、更年期以降の女性は髪のボリュームがなくなり、地肌が目立つようになるのです。

薄毛の対処方法も男女で異なる!

薄毛の対処方法も男女で異なる!

男性と女性では薄毛が起こるメカニズムが異なるため、対処方法も当然異なります。

代表的な男性の薄毛である「男性型脱毛症」予防・改善には5αリダクターゼを抑制するのがポイント。
頭皮のマッサージや良質な睡眠、食生活を見直してアミノ酸やたんぱく質などをバランスよく摂ることを心がけましょう。
また、きちんとした治療法が確立しているので、専門外来やクリニックで対処することができます。

女性の薄毛の場合は、ヘアケアの見直し(洗浄力の強すぎるシャンプー等を使っていないかなど)や食生活や喫煙など生活習慣の見直し、髪に栄養が行き渡るように頭皮のマッサージを行うことなどが有効です。

女性ホルモンの減少による薄毛は、さらに年齢を重ねてホルモンバランスが落ち着いてくれば改善する傾向があります。諦めず、じっくりと髪を育てていくのが大切です。





送料無料